第22回日英・英語教育学会研究大会(The 22nd JABAET Conference)

日時:2016年9月25日(日)10:15-16:30

会場:聖徳大学松戸キャンパス 〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550 (https://www.seitoku.jp/univ/access.shtml

参加費:会員は無料,非会員は¥500

プログラム

10:15-10:30   開会行事(賛助会員紹介含む)

10:35-11:05   一般研究発表①

11:10-12:00   指定研究発表

12:00-12:20   総会

12:20-12:55   昼食

12:55-13:25   一般研究発表②

13:30-14:00   一般研究発表③

14:05-14:35   一般研究発表④

14:50:16:20   シンポジウム

16:20-16:30   閉会式

17:00-           懇親会


指定研究発表

発表者

渡辺敦子(国際基督教大学)

Watanabe Atsuko, International Christian University

タイトル

Exploration of reflective practice as a teacher development endeavour

要旨

PDF


シンポジウム

テーマ

教員養成・研修コア・カリキュラムー「英語教員の英語力・指導力強化のための調査研究事業」に基づいてー

提案者

高山 芳樹(東京学芸大学)

齋藤 英敏(茨城大学)

司会

酒井 英樹(信州大学)

要旨

PDF


発表教室等

発表タイトルをクリックすると,要旨(PDF)が見れます

1054教室 1055教室 1062教室

開会行事

(賛助会員紹介を含む)

( 10:15-10:30)

賛助会員展示

・受付

一般研究発表①

(10:35-11:05)

田中真由美・青柳成俊

(信州大学・長岡工業高等専門学校)

スペイン工学教育の視察報告―ものづくり英語コミュニケーション教育モデル構築に向けて―

橘田布佐子

(駒沢女子大学)

English Workshop受講者の動機づけと授業実践報告

指定研究発表

(11:10-12:00)

渡辺敦子

(国際基督教大学リベラルアーツ英語プログラム)

“Exploration of reflective practice as a teacher development endeavor”

総会

(12:00-12:20)

総会

昼食

(12:20-12:55 )

一般研究発表②

(12:55-13:25)

小原弥生

(尚美学園大学)

学生の意識にみられる協同学習の有用性―アンケート調査とインタビューを通して―

一般研究発表③

(13:30-14:00)

草薙邦広

(広島大学)

外国語能力のジェンダー差に関する批判的検討―自然科学的原因説と社会認識媒介説―

熊谷允岐

(立教大学 異文化コミュニケーション研究科)

英語語彙学習の方略とその分析およびそれに基づく教材開発の提案

一般研究発表④

(14:05-14:35)

中谷安男

(法政大学)

アカデミック・ライティングをいかに始めるか―イントロダクションのニッチの考察―

根本康平

(青山学院大学大学院)

異文化体験の振り返りによる大学生の変容

シンポジウム

(14:50-16:20)

教員養成・研修コア・カリキュラム―「英語教員の英語力・指導力強化のための調査研究事業」に基づいて―

高山芳樹(東京学芸大学)

齋藤英敏(茨城大学)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中